特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

はばたけ!兵庫の翼

’21センバツ選手紹介/4 東播磨 熊谷海斗選手/神戸国際大付 木村修太選手 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東播磨の熊谷海斗選手(2年)=兵庫県稲美町で、望月亮一撮影
東播磨の熊谷海斗選手(2年)=兵庫県稲美町で、望月亮一撮影

 ◆東播磨

フルスイングを持ち味に 熊谷海斗選手(2年)

 副主将。秋の大会ではクリーンアップを務めた。

 座右の銘は「継続は力なり」。コロナ禍の休校期間中に、「3年生が引退するまでに本塁打を打つ」を目標に毎日、近くの公園で素振りに取り組んだ。約2カ月後の練習試合、人生で初めての本塁打を放ち、目標を達成。以来、座右の銘を心に、練習で疲れていても帰宅後、最低50回は素振りに汗を流す。

 課題は守備。体が硬く苦手だったが、捕球練習の前に股割りなどのストレッチや、打球を予測して動くことを心がけている。

 春の目標は「全力プレー」。凡退してベンチに戻る時や、攻守交代の時も「野球をさせてもらっている。試合に出ていない選手のためにも全力で取り組まないと」と謙虚だ。鍛えてきた打撃では、初球から積極的にフルスイングすることを持ち味に「泥臭くヒットを打ちたい」と意気込む。


 (1)172センチ・63キロ(2)右投げ、右打ち(3)加古川・浜の宮中(4)音楽鑑賞(5)納豆/ぎんなん


 ◆神戸国際大付

堅い守備、持久力にも自信 木村修太選手(2年)

神戸国際大付の木村修太選手(2年)=神戸市垂水区で、猪飼健史撮影
神戸国際大付の木村修太選手(2年)=神戸市垂水区で、猪飼健史撮影

 小学3年から野球を始め、中学時代は大阪のクラブチームで、大阪桐蔭の池田陵真主将らと一緒にプレー。高校では1年秋に三塁手としてベンチ入りした。

 小学1年生から5年間、習った水泳で軟らかい肩の土台を作った。2年生の秋から公式戦は無失策。練習で強い送球を心がけ、「肩の可動域が広がり、故障も少なくなった」。打撃では7番、8番の打順を任され短打で走者を進塁させる。

 学校近くの山を約7キロ走る練習では23分40秒でチーム最速記録を持つ。中学時代も往復持久走で学年1位になったこともあり、持久力に自信を持つ。

 2020年秋の県大会では延長戦タイブレークで決勝点となったスクイズで、走者として本塁に滑り込んだ。「試合時間も長く、気温も高くてしんどかったが乗り切れた」と振り返る。センバツでも「エラーはしない」との目標を立てる。


 (1)175センチ・78キロ(2)右投げ、左打ち(3)大阪泉大津・東陽(4)映画鑑賞(5)肉/梅


 <メモの見方>(1)身長・体重(2)投・打(3)出身中学(4)趣味(5)食べ物の好き/嫌い

〔但馬版〕

あわせて読みたい

注目の特集