1月の外食売上高21%減 時短要請で居酒屋70%超の落ち込み

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本フードサービス協会が25日発表した1月の外食売上高(全店ベース)は、前年同月比21・0%減だった。減少率が20%を超えるのは昨年6月以来、7カ月ぶりとなる。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の再発令が打撃となった。営業時間の短縮要請で休業する店があったパブ・居酒屋が74・9%減と大幅…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

あわせて読みたい

注目の特集