特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

米、国連人権理事会の理事国に立候補表明 トランプ政権時に離脱

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ブリンケン米国務長官=AP
ブリンケン米国務長官=AP

 ブリンケン米国務長官は24日、国連人権理事会(47理事国)でのビデオ演説で、2022年から3年任期の理事国に立候補すると表明した。

 米国は理事国を務めていたトランプ前政権下の18年に人権理から離脱。ブリンケン氏は8日、人権理に復帰すると宣言し、現在はオブザーバー国として会合に参加している。理事国は地域別に割り当てられ、国連加盟国の過半数の承認で選…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集