特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

バイデン氏、半導体などの安定調達へ大統領令 中国依存脱却狙う

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領=米中西部ウィスコンシン州ミルウォーキーで2021年2月16日、AP
バイデン米大統領=米中西部ウィスコンシン州ミルウォーキーで2021年2月16日、AP

 バイデン米大統領は24日、半導体やレアアース(希土類)など、安全保障上で重要な製品や原材料の供給網(サプライチェーン)を強化するための大統領令に署名した。政府の関係機関が100日以内に、半導体など重要物資を安定的に調達できる体制作りに向けた戦略を策定する。安全保障や通商分野で対立する中国からの輸入依存度を低下させるのが狙い。

 大統領令では「生産不足、自然災害、競合国や敵対国の(輸出制限などの)行動により、米国が脆弱(ぜいじゃく)な状態に陥ることがないようにする必要がある」として、政府の関係機関に現在のサプライチェーンが抱えるリスクを検証し、国内生産基盤の強化や調達先の分散など安定調達を図るための戦略を策定するよう命じた。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文652文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集