長野・松本盆地で「春の土ぼこり」舞う 山形村、視界かすむ砂嵐

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
強風で畑に舞い上がる土ぼこり。背景は鉢伏山=長野県山形村で2021年2月20日午後1時9分、日報連会員・村田正幸さん撮影
強風で畑に舞い上がる土ぼこり。背景は鉢伏山=長野県山形村で2021年2月20日午後1時9分、日報連会員・村田正幸さん撮影

 長野県・松本盆地南部の畑作地帯で、強風による土ぼこりが舞う季節を迎えた。高原野菜の畑が広がる山形村や朝日村などで春先によく見られる現象で、畑の土が強風で巻き上げられ、砂嵐のようになる。

 山形村で遭遇した松本市の日本報道写真連盟会員、村田正幸さん(72)によると、風でもうもうと茶色い土ぼこりが立つと…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

あわせて読みたい

注目の特集