特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

遺された子どもたち

津波に流された母がいれば ひきこもった娘、不安の根っこにある震災

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
仙台市の街の明かりを見つめる弥生さん(仮名)=関谷俊介撮影
仙台市の街の明かりを見つめる弥生さん(仮名)=関谷俊介撮影

 東日本大震災から3月11日で10年を迎える。毎日新聞は400人を超える震災遺児と孤児、その保護者たちにアンケートを送り、遺児と孤児181人と保護者163人から回答をもらった。それぞれの「10年」の営みが見えてくる返事を寄せてくれた遺(のこ)された子どもやその家族を記者が訪ねた。

 「いまだにひきずっていて精神的に病んだりしました」。その書き出しで始まる弥生さん(仮名・27歳)のアンケートの自由記述欄の文字は弱々しかった。話を聞こうとメールを送ったが一向に返事はない。あきらめかけていた2週間後、ようやくメールが来た。

 「私の話がお役に立てるか分かりませんがお役にたてるならいろいろお話しいたします」。送信時間は午前3時53分。待ち合わせの日時と場所をやり取りし、私が紺のジャケットを着て行くと伝えると、「緑色のワンピースを着て行きます」と返事をくれた。

この記事は有料記事です。

残り3107文字(全文3485文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集