鶏卵贈収賄事件で会食同席、農水次官ら6人処分 人事異動なし

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 農林水産省は25日、吉川貴盛元農相と鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループ元代表が在宅起訴された贈収賄事件を巡り、両者の会食に同席した枝元真徹事務次官ら職員6人を減給などの処分にした。職員は会食費用を負担しておらず、利害関係者からの接待を禁止する国家公務員倫理法に基づく倫理規程違反と認定した。

 野上浩太郎農相は記者会見で「処分された職員は深く反省して、それぞれの職責を果たしてほしい」と述べ、処分に伴う人事異動はしない考えを示した。自らも大臣給与1カ月分を自主返納する。

 農水省の調査によると、吉川元農相が在任中の2018年10月と離任直後の19年9月、当時の生産局長だった枝元氏らは東京都内の和食料理店で開かれた2回の会食に同席。1回につき1人当たりの金額は約2万3000円で、アキタ側が全額支払った。枝元氏らは会食に誘った吉川元農相が代金を支払うと認識していたが、農水省は「その場で費用負担について確認しなかった過失がある」と判断した。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文649文字)

あわせて読みたい

注目の特集