宮城淳さん死去 89歳 1955年全米テニス男子複覇者

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
テニスの1955年全米ダブルス選手権(現全米オープン男子ダブルス)で優勝した宮城淳さん=2005年9月20日、小林努撮影
テニスの1955年全米ダブルス選手権(現全米オープン男子ダブルス)で優勝した宮城淳さん=2005年9月20日、小林努撮影

 テニスの1955年全米ダブルス選手権男子(現在の全米オープン男子ダブルス)で戦後の日本男子唯一の4大大会制覇を果たした宮城淳(みやぎ・あつし)さんが24日、ぼうこうがんのため東京都世田谷区の介護施設で死去した。89歳。葬儀は近く家族葬で営む。

 東京都出身。戦後の日本テニス界で姉黎子さんと一時代を築いた。競技を始めた早稲田…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

あわせて読みたい

注目の特集