特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

聖火リレーの感染対策は? 観客受け入れは? 五輪へ探る着地点

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
聖火リレーのリハーサルを行う石原さとみさん(右)=東京都羽村市で2020年2月15日、梅村直承撮影
聖火リレーのリハーサルを行う石原さとみさん(右)=東京都羽村市で2020年2月15日、梅村直承撮影

 東京オリンピックの聖火リレーは3月25日にスタートが迫る。全国を巡り、機運醸成を図れるか、新型コロナウイルスの感染リスクとも隣り合わせの121日間となる。結論が先送りされてきた、五輪中の海外からの観客の受け入れについては、国際オリンピック委員会(IOC)が4月末に決断する方針を示した。着地点を探りながら大会が動き出す。

「密にならず盛り上げて」後手の対策

 大会組織委員会は25日、聖火リレーの新型コロナウイルス感染症対策を公表した。記者会見で岡田輝彦・聖火リレー室長は「観覧自粛をお願いするというスタンスは取っていない。密を回避できるのであれば、ぜひ沿道で応援していただきたい」と述べた。感染対策として、観覧は居住する都道府県以外は控え、インターネットでのライブ視聴を呼びかける。

 出発地の福島県の実行委員会関係者は「このままスタートを切るしかないが、果たしてこれで密集を避けることができるのか……」と不安の声を漏らす。公表された感染対策の実効性には疑問の声も上がる。首都圏のリレー担当者は「『密にならずに見に来てほしい』は矛盾していて苦しい。広報…

この記事は有料記事です。

残り1750文字(全文2225文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集