特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

聖火リレー中止検討の島根県知事 80分の記者会見で訴えた思い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルス感染症対策の強化などを求める要請書を関連省庁に提出し、記者会見で質問に答える島根県の丸山達也知事=東京都千代田区の都道府県会館で2021年2月25日午後7時25分、滝川大貴撮影
新型コロナウイルス感染症対策の強化などを求める要請書を関連省庁に提出し、記者会見で質問に答える島根県の丸山達也知事=東京都千代田区の都道府県会館で2021年2月25日午後7時25分、滝川大貴撮影

 島根県の丸山達也知事(50)は25日、上京し、新型コロナウイルス対策強化などを国に要望した。要望後に東京都内で記者会見した丸山氏は東京オリンピックの聖火リレーの中止検討を、コロナ対策の要望と結びつけた胸の内を約80分間語った。主な一問一答は次の通り。【松本晃】

 ◆要望は大きく2点。第一に、第3波を踏まえたコロナ対策の改善だ。五輪というイベントに合わせ、対応していく必要がある。外国から多数のアスリートや関係者が来るので、対応能力の向上がない中では、開催をよしとすることはできない。知事として県内の聖火リレーの開催に県費を投入して協力するのが難しいと中止検討を表明した。東京都における対応の向上、政府に東京五輪の開催の環境を整えてほしいと対応を要請した。

 2点目が緊急事態宣言の影響を受けた、感染が拡大していない地域についてだ。政府の分科会から感染の主たる要因は飲食だと示され、強力な措置がとられた。感染が拡大した地域においては感染拡大を防ぐために営業時間短縮を要請し、協力金が支払われる。島根県のように短縮を要請する必要がなかった地域もある。

この記事は有料記事です。

残り1188文字(全文1661文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集