特集

毎日新聞×毎日放送(MBS)

毎日新聞デジタルの「毎日新聞×毎日放送(MBS)」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

サワコの朝

女優業を邁進して10年 小池栄子さんが苦戦した「カラス声」とは

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「サワコの朝」に登場する小池栄子さん(右)=MBS提供 拡大
「サワコの朝」に登場する小池栄子さん(右)=MBS提供

 2月27日放送の「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、午前7時半~8時放送)のゲストは、7年半ぶりの登場となる女優の小池栄子さん。

 前回出演した際は、「恋愛映画(のオファーが)全然来ないんです。うまくいってる男女に刃物持って近づく女性の役しかこない」と訴え、サワコを笑わせていた小池さん。最近は「テレビに出ているとつい見てしまう個性派女優ランキング」で上位に選出されるなど、高い演技力が様々な作品で称賛されている。 

 時に監督から“謎の演技指導”を受けることもあるそうで、成島出監督の「グッドバイ~嘘から始まる人生喜劇~」では、小池さん演じる「カラス声の女」の演出をめぐって監督から難易度の高い指導が入ったそう。「監督の中では何か(イメージが)あるんでしょうけど、『今日はカラス5でやって』とか『今日はカラス1』って言われて(笑)なんだろうって思いながらやってました」と、試行錯誤しながら演じた「カラス声」を全力で実演して見せてくれた小池さん。共演の大泉洋さんも登場する舞台裏話にサワコも大爆笑…。

 一方、幼少期の話では、幼少期に大きな影響を受けた“型破り”なおじいさまの話題に。若者の街・下北沢でパチンコ店を営んでいたというおじいさまの武勇伝や仰天エピソードが次々飛び出した。

 また、彼氏が欲しくて男子校の文化祭行脚を敢行した思春期のエピソードや、元プロレスラーのご主人と愛犬との日常のお話も。女優業を中心に据えるようになって10年。小池さんが目指す女優像とは!? 愛される女優・小池栄子さんの魅力にサワコが迫る。

あわせて読みたい

注目の特集