ザゼンソウが春の訪れ告げ 大田原で見ごろ /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
見ごろを迎えたザゼンソウ=栃木県大田原市北金丸の群生地で2021年2月25日、湯浅聖一撮影
見ごろを迎えたザゼンソウ=栃木県大田原市北金丸の群生地で2021年2月25日、湯浅聖一撮影

 大田原市北金丸に群生する市指定天然記念物のザゼンソウが見ごろを迎え、一足早い春の訪れを告げている。3月上旬まで楽しめるという。

 ザゼンソウはサトイモ科の多年草で、黄色い小花が集まった花序を仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる赤紫色の葉で包まれた姿が、座禅を組む僧侶に似ていることから名づけられた。

 群生地にはかつて多くのザゼンソウが開花…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文326文字)

あわせて読みたい

注目の特集