新年度当初予算案 伊根町一般会計29億円 観光事業柱に /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 伊根町は25日、一般会計総額29億7100万円の2021年度当初予算案を発表した。前年度当初比2%減。新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ町内経済の回復を図るため、観光関係の事業などを柱に予算化した。3月4日開会の定例町議会に、20年度補正予算案とともに提案する。

 歳入で、町税は1億5587万円(前年度当初比1・7%減)。主な事業が終了し、町債は3億2700万円(…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

あわせて読みたい

注目の特集