特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

40人の魂

センバツ・京都国際 佐々木康耀投手(2年) /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都国際の佐々木康耀投手(2年)=京都市東山区で、山崎一輝撮影
京都国際の佐々木康耀投手(2年)=京都市東山区で、山崎一輝撮影

母に「恩返し」したい 佐々木康耀(こうよう)投手

 球速は最高132キロほどだが、カーブやカットボール、縦と横のスライダーにチェンジアップと、数多くの変化球を操る。制球の良さに加え、ボールにかける回転数の多さから、切れのある投球で相手打者を翻弄(ほんろう)する。

 「森下(瑠大(りゅうだい)投手)や金森(塁投手)は、直球で押すタイプ。僕は直球を見せ球にして、変化球で打たせて取る」。ライバルたちとは違う投球スタイルが、自分の強みだ。

 4人きょうだいの3番目で、憧れの人に母親を挙げた。「8歳上の姉から5歳下の弟までを支えてくれ、本当に頑張っている。母にいつかしたいと思っているから、好きな言葉に『恩返し』を選んだ」。もらった恩を返せる機会が、聖地にはある。【中島怜子】


 (1)新北島中(大阪市住之江区)(2)170センチ・66キロ(3)右・右(4)恩返し(5)お母さん(6)塩豚丼


 【プロフィルの見方】(1)出身中(2)身長・体重(3)投・打(4)好きな言葉(5)憧れの人(6)好きな寮の食堂のメニュー

〔京都版〕

あわせて読みたい

注目の特集