藤原審爾「武蔵」見つかる 直木賞作家 未完原稿備前で展示 /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
藤原審爾=共同
藤原審爾=共同

 小説「秋津温泉」などで知られる直木賞作家藤原審爾(1921~84年)が宮本武蔵をテーマに執筆した小説の未完成原稿が東京で同居していた女性の遺品から見つかった。200字詰め原稿用紙135枚で小説の冒頭部分という。生誕100年を記念し、25日から3月31日まで、備前市歴史民俗資料館で展示される。

 藤原は吉川英治の「宮本武蔵」とは異なる武蔵を執筆しようと…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

あわせて読みたい

注目の特集