五穀豊穣など願う 住吉神社で祈年祭 下関 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
雪が舞う中、神職、総代が参列して挙行された祈年祭
雪が舞う中、神職、総代が参列して挙行された祈年祭

 下関市一の宮住吉の住吉神社で、五穀豊穣(ほうじょう)を願う祈年祭が開かれた。

 毎年、農作業が始まる前の2月17日に催される恒例行事。五穀豊穣や国家の安泰に加えて、現在は各産業の繁栄や地域の安全、無病息災も祈る。

 今年は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、神職と総代のみの最小限の人数で臨んだ。本…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

あわせて読みたい

注目の特集