育休支援、独自に 新年度予算案に600万円 東かがわ市 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東かがわ市は2021年度から、市内の事業者を対象に「育児休業給付金」を助成する独自事業を始める。25日に発表した21年度当初予算案に600万円を計上し、育休取得率とワークライフバランスの向上を図る。

 育児休業給付金は、育休前の月収の67%に当たる金額を出産2カ月後から支給するが、育休取得から半年後は支給割合が50%となる。今回の市の新規事業では、育休取得から半…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

注目の特集