飯塚市 新年度予算案756億円 コロナ対策33億円 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 飯塚市は25日、総額756億2700万円(前年度比9・6%増)の2021年度一般会計当初予算案を発表した。新型コロナウイルス対策で約33億円を計上し、1市4町の合併(2006年3月)後で最大。片峯誠市長は「限られた予算で早期立ち直りを目指す予算編成だ」と述べた。

 新規事業のうち、コロナ対策は▽市民税非課税などの生活困窮者に無料低額診療を独自に行う済生会飯塚嘉穂病院に対し、継続のための補助金1000万円▽1万円で1万2000円分の飲食ができる、地域活性化応援券の発行経費5億3255万円▽現金の取り扱…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文631文字)

あわせて読みたい

注目の特集