福大病院が備蓄食提供 フードバンク福岡に /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福大病院で災害用に備蓄されていた豚汁やドライカレーを受け取るNPO法人フードバンク福岡の岩崎事務局長(左)
福大病院で災害用に備蓄されていた豚汁やドライカレーを受け取るNPO法人フードバンク福岡の岩崎事務局長(左)

 福岡市城南区の福岡大学病院が24日、災害用に備蓄してきた食料品約9450食をNPO法人フードバンク福岡(福岡市南区)に提供した。備蓄食の入れ替えに合わせた初の取り組みで、フードバンクを通じ、生活困窮世帯などの支援に役立てられる。

 福大病院は災害を想定して入院患者と職員計約1100人分の食料を3日分備蓄している。これまでは賞味期限によ…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

あわせて読みたい

注目の特集