カナダヅル、県初の飛来 「コロナ禍 吉兆かも」 宇佐の田んぼ /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宇佐市の田んぼでカナダヅル2羽が確認された。同市の日本野鳥の会県支部会員、田中弘さんによると、同支部の資料に記録はなく県初の飛来という。

 田中さんによると、野鳥観察中の23日午後5時ごろ、同市の折元悟さんと一緒に見つけた。カナダヅルは羽を広げると約2メートルで顔が赤いのが特徴。アラスカやシベリア北…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文303文字)

あわせて読みたい

注目の特集