特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-羽生善治九段 第35局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

羽生が踏み込む

 図で[先]2三飛成[後]同金[先]1一角成を選べば、のっぴきならない終盤戦に突入する。以下[後]2八歩[先]2一馬[後]2九歩成[先]4六香[後]6二玉(参考図)にどう攻めるか。[先]4三馬は[後]5四桂で先手も忙しく、[先]7三歩成[後]同金[先]6五桂打は[後]2八とで壮絶な寄せ合いが予想される。

 それだけではない。参考図に至る手順中、[後]2八歩では[後]2七歩の変化もあり、感想戦でも明快な結論は出なかった。ただし、稲葉は検討の最後に、「これ(図で[先]2三飛成)をやらなければいけなかったか」と漏らしている。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文697文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集