NHK受信料値下げへ放送法改正案閣議決定 支払い逃れに割増金

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
NHK放送センター=東京都渋谷区で2019年3月、嶋野雅明撮影
NHK放送センター=東京都渋谷区で2019年3月、嶋野雅明撮影

 政府は26日、NHKの受信料値下げの原資とする積立金制度を創設し、テレビを持つのに不正に受信契約をせず、支払いを逃れる世帯への割増金制度の導入などを盛り込んだ放送法改正案を閣議決定し、国会に提出した。

 積立金の名称は「還元目的積立金」で、NHKの内部留保に当たる繰越剰余金(2020年度末見込みで1450億円)の一部や、毎年度の黒字の一定額を通例3カ年の中期経営計画期間中に蓄積。次の経営計画に移る際に値下げに充てることを恒久的に義務付…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集