尖閣上陸阻止で自衛隊も「危害射撃」可能 岸防衛相「状況で判断」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
岸信夫防衛相
岸信夫防衛相

 岸信夫防衛相は26日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島に外国公船から乗員が上陸を強行しようとした場合に、相手の上陸を阻止するため、自衛隊による「危害射撃」が可能との見方を示した。同諸島周辺の日本領海に侵入を繰り返す中国海警局の公船を念頭に置いている。

 岸氏は実際の対応に関し、「海警局の船がどんな行動を取るかで変わる。個別の状況に応じて判断する」…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集