特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

韓国でコロナワクチン接種開始 療養施設入所者ら対象

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン接種を見守る韓国の文在寅大統領(左)=ソウルで2021年2月26日、韓国青瓦台(大統領府)提供
新型コロナウイルスのワクチン接種を見守る韓国の文在寅大統領(左)=ソウルで2021年2月26日、韓国青瓦台(大統領府)提供

 韓国で26日、新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。ワクチンの確保が遅れたと批判された韓国政府は、接種をスムーズに進めて巻き返しを図りたい考えで、今年中の集団免疫の獲得を目指す。

 26日に接種が始まったのは、英製薬大手アストラゼネカが開発したワクチン。療養施設や療養型病院などの65歳未満の入所・入院者とそこで働く人が対象だ。27日には新型コロナの患者を治療する病院で働く人を対象に、米製薬大手ファイザーのワクチンの接種が始まる。疾病管理庁によると、25日現在で対象者の約94%が接種に同意した。

 韓国政府は新型コロナ流行の第3波が到来していた昨年12月、4400万人分のワクチンを確保したと発表。だが、人口は約5180万人で全国民に行き渡らないうえ、接種開始時期も不透明で、ワクチン確保が後手に回ったとの批判が高まった。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文689文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集