島根・江津市庁舎は「財産」か「負の遺産」か 建築界の評価高く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
活用か解体か。江津市役所の現庁舎=島根県江津市で2021年2月24日午後3時53分、萱原健一撮影
活用か解体か。江津市役所の現庁舎=島根県江津市で2021年2月24日午後3時53分、萱原健一撮影

 現市庁舎は保存すべき「財産」か、解体すべき「負の遺産」か――。島根県江津市は、5月に新庁舎(同市江津町)へ移転した後に残る現庁舎(同)のあり方に関する議論を加速させるため、2021年度当初予算案に調査検討費610万円を盛り込んだ。図書館への転用案を支持する声が多いが、解体を含めて方向性はまだ見通せない。評価の高い近代建築だけに、市民が納得できる着地点が求められる。【萱原健一】

 現庁舎は鉄筋コンクリート造5階(一部8階)建て、延べ床面積4122平方メートル。世界的建築家ル・コルビュジェの弟子、吉阪隆正(1917~80年)が設計し、62年3月に完成した。建設費は約1億5000万円で、うち2割の約3000万円が市民や企業の寄付で賄われたという。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1171文字)

あわせて読みたい

注目の特集