特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

遺された子どもたち

「傷つけるならパパの腕を」 リストカット繰り返した娘は立派に育った

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
車内で一人で娘たちを育ててきた日々を振り返る芳行さん(仮名)=宮城県で、関谷俊介撮影
車内で一人で娘たちを育ててきた日々を振り返る芳行さん(仮名)=宮城県で、関谷俊介撮影

 東日本大震災から3月11日で10年を迎える。毎日新聞は400人を超える震災遺児と孤児、その保護者たちにアンケートを送り、遺児と孤児181人と保護者163人から回答をもらった。それぞれの「10年」の営みが見えてくる返事を寄せてくれた遺(のこ)された子どもやその家族を記者が訪ねた。

「私にとって震災で何が一番きつかったかというと、娘の部屋でカッターナイフと作業用ロープを見つけた時ですね」。私のレンタカーの車内で、助手席に座るかっぷくの良い男性はぽつりと言った。芳行さん(仮名)とは仕事帰りの午後6時、宮城県内の道の駅の駐車場で待ち合わせた。

 35歳の時、津波で妻を失い、小学3年と5年、中学2年だった3人の娘を育ててきた。「完全なママっ子だった」という三女の早紀さん(同)は中学生の時にリストカットを繰り返す。シングルファーザーの芳行さんはどのように向き合い、どんな言葉をかけたのか。「震災の直後に落ち込む子もいれば、1年後、3年後、あるいは5年後になってから来る子もいる。三女はそっちのタイプだったんでしょうね」。そう言うと、ヘッドライト…

この記事は有料記事です。

残り2875文字(全文3345文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集