特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ワクチン標的サイバー攻撃、日本でも「第2波」 その手法と狙い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ワクチン接種の本格化が迫る中、サイバー攻撃対策の強化が急務になっている=2021年2月22日、須賀川理撮影
ワクチン接種の本格化が迫る中、サイバー攻撃対策の強化が急務になっている=2021年2月22日、須賀川理撮影

 新型コロナワクチンの開発、製造、輸送を狙ったサイバー攻撃が世界で多発している。どんな手法を使い、誰が何の目的で攻撃を仕掛けているのか。卑劣な攻撃への対処策はあるのか。被害に遭った時の対策を含め、現状と対策を探った。【会川晴之、永山悦子】

「サイバーパンデミックが起きている」

 「毎日、毎分のようにサイバー攻撃を受けている」。新型コロナワクチンを開発する米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)幹部は2020年12月、サイバー専門家の会合でこう語った。米IBMによると、昨年2月以降、全世界のサイバー攻撃の件数は前年の40倍以上に増えており、あらゆる業種の企業や機関が対象となっている。

 昨年12月9日に「サイバー攻撃を受けた」と発表した欧州医薬品庁(EMA、本部オランダ)は調査を続けているが、現時点で実行者は不明だ。盗まれた情報が文脈を無視し、切り貼りした形でネットに公開されたことから、…

この記事は有料記事です。

残り2375文字(全文2771文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集