特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ぎりぎり宣言解除も「第4波」警戒 自粛続く?福岡の飲食店複雑

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
午後8時を過ぎ、閉店作業をする居酒屋のアルバイト店員=福岡市早良区で2021年2月26日午後8時3分、津村豊和撮影
午後8時を過ぎ、閉店作業をする居酒屋のアルバイト店員=福岡市早良区で2021年2月26日午後8時3分、津村豊和撮影

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い10都府県に出されている緊急事態宣言は6府県の月内解除が決まり、政府が先行解除に慎重だった福岡県も対象になった。ただし、飲食店への営業時間短縮要請は1時間緩和した上で継続され、各企業も当面は飲み会や出張の自粛を続けるとみられる。苦境にあえぐ飲食店やホテル業界の復活は容易ではない。

 宣言解除決定を受け福岡県は26日、現在午後8時まで(アルコール提供は同7時まで)としている飲食店の時短要請を午後9時まで(同8時半まで)に緩和して3月7日まで継続する一方で、1店舗当たり1日6万円の協力金を4万円に減額すると決定。服部誠太郎副知事は対策本部会議で「宣言対象から外れたとはいえ、決して気を緩めることはできない」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り1551文字(全文1877文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集