特集

菅首相長男接待

総務省幹部が「東北新社」に勤める菅首相の長男から接待を受けていた問題。特別扱いの構図が浮かび上がりました。

特集一覧

週刊テレビ評

総務省接待問題の深刻さ 根深い行政私物化の病巣=金平茂紀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 学校法人「森友学園」事件に絡んで、財務省の公文書改ざんをさせられて自殺した近畿財務局元職員・赤木俊夫さんの遺品の中に「国家公務員倫理カード」があった。「国民全体の奉仕者であることを自覚し、公正に職務を執行していますか? 職務や地位を私的利益のために用いていませんか? 国民の疑惑や不信を招くような行為をしていませんか?」。赤木さんの個人手帳に挟まれていた。何年も所持されていたらしくカード用紙が擦り切れていた。

 総務省の幹部らが、菅義偉首相の長男が勤める放送事業会社「東北新社」から接待を受けていた問題は、放送業界にさまざまな権限を振るう官僚たちの腐敗、退廃、堕落の一端をあらわにした。総務省は今週、国家公務員倫理規程に違反していたとして、谷脇康彦総務審議官ら幹部11人に減給や戒告・訓告などの処分を下した。

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文1046文字)

【菅首相長男接待】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集