連載

伝書鳩

愛知、岐阜、三重の記者によるコラム。

連載一覧

伝書鳩

その比喩は適切か /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 三重県の水族館からメスのセイウチが、愛知県の水族館のオスのセイウチの元へと運ばれた。繁殖を目的とする水族館同士の動物の貸し借りで、交尾が確認された後、メスは三重に戻ってくる。街の話題として、そんな記事を書きながら考えたことがある。

 昨年、同様の取材をした際、私は「セイウチの“嫁入り”」と書いた。2年目の今回も複数のメディアは「嫁入り」…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集