性的少数者「パートナー制度」 亀岡市、来月1日から実施 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 亀岡市は、「パートナーシップ宣誓制度」を3月1日から実施する。LGBTなど性的少数者のカップルが互いを人生のパートナーとすることを宣誓し、市が宣誓書を受領したことを公的に証明する。宣誓の事前受付を2月17日に開始した。「性の多様性への理解を深め、市民が違いを認め合うことで、誰もが自分らしく生きられる社会の実現を目指す」と桂川孝裕市長は…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

あわせて読みたい

注目の特集