特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

春へのキセキ・センバツ2021

選手紹介/3 智弁学園 三垣飛馬選手/天理 成田侑介選手 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ◆智弁学園

素振りをする三垣飛馬選手=五條市の智弁学園で2021年2月25日午後2時44分、林みづき撮影 拡大
素振りをする三垣飛馬選手=五條市の智弁学園で2021年2月25日午後2時44分、林みづき撮影

強打で狙うは本塁打 三垣飛馬選手(2年)

 ファーストは「ベンチとプレーヤーをつなぎ、全体を見渡せるポジション」と位置付ける。チーム一の大きな太い声を生かし、ピンチでも好機でも声を張り上げるムードメーカーだ。「試合中は優しく、練習では厳しく」。エラーがあっても「集中しよう!」と、前向きな言葉で相手を思いやる。

 打撃では、3割8分2厘とチーム上位の打率で強力打線を活気付ける。センバツでの目標は本塁打を放つこと。「ピッチャーとの対戦に集中し、力まずに打てるか」が課題だ。

 キレの良い変化球にも対応するため、ウエートトレーニングに励み、着実に力を付けている。「野球の神様はいる」。そう信じて、今日も懸命にバットを振り込む。

 ◆天理

成田侑介・一塁手(2年) 拡大
成田侑介・一塁手(2年)

声出しチームを鼓舞 成田侑介選手(2年)

 中学時代は陸上部に所属し、円盤投げと砲丸投げに取り組んだ。その経験はバッティングなどにも生かされており、「パワーでは誰にも負けない」と胸を張る。

 昨秋の近畿地区大会県予選では2試合にフル出場したが、打撃で結果が出せず、その後はレギュラーの座を逃した。レギュラー争いでは悔しい思いも味わったが、すぐに気持ちを切り替え、ひたすら練習に打ち込んだ。

 チーム一のムードメーカー。「自分は声がよく通るので」と、練習中や試合中も、常に大きな声を出す。出場できなかった試合でもベンチから声を出し、チームを鼓舞してきた。甲子園でも目標の全国制覇に貢献できるよう、チームを活気付けるつもりだ。

あわせて読みたい

注目の特集