内藤記念館、本館工事が完了 延岡市再整備 来月6、7日内覧会 /宮崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
延岡産スギ材を天井部に使ったエントランスホール。右側は企画展示室入り口
延岡産スギ材を天井部に使ったエントランスホール。右側は企画展示室入り口

 延岡市が再整備を進める内藤記念館(同市天神小路)の本館工事が完了した。今後は和室棟や庭園の整備に取りかかり、重要文化財などを展示できる歴史民俗博物館として2022年9月までの開館を目指す。

 記念館は江戸期の延岡藩主・内藤家の邸宅があった延岡城西の丸跡に整備。老朽化に伴い、約1万2000平方メートルの敷地に19年3月から本館建設を始めた。総事業費は30…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

あわせて読みたい

注目の特集