特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・著者に聞く

金智英さん 『隣の国のことばですもの 茨木のり子と韓国』

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ◆金智英(キムジヨン)さん

 (筑摩書房・2420円)

「他者」との詩人の出会い

 茨木のり子(1926~2006年)は戦後を代表する女性詩人の一人で、「根府川の海」「自分の感受性くらい」などの詩で知られる。50歳からハングルを学び、エッセー集『ハングルへの旅』や翻訳詩集『韓国現代詩選』を出版した。この情熱が何に由来したのかを、韓国人の日本文学研究者が探求した。表題は詩人が生前、動機を尋ねられた際に答えた言葉である。

 「自分のルーツが朝鮮にあるのではないかと茨木は書いています。75年に夫と死別したのが直接の契機ですが、背景には祖母の影響など、幼い頃からの関心がありました」

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文845文字)

あわせて読みたい

注目の特集