特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

「西の王子」斎藤八段 A級初参加、臆せず挑戦権 名人とは五分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 端正な顔立ちから「西の王子」の呼び名を持つ斎藤慎太郎八段(27)。A級順位戦初参加、メンバー10人中最年少ながら、臆することなく8勝1敗でリーグ戦を駆け抜け、プロ入り9年目で将棋界の頂点を争う舞台に立つ。渡辺明名人(36)との対戦成績は2勝2敗の五分。26日の終局後、「渡辺名人は私が奨励会の時からのトップ棋士で、その将棋から学ぶことばかりだった。初めてタイトル戦で戦えるのは本当に光栄。今期順位戦で良かった点は継続して、自分の将棋を指したい」と抱負を語った。

 奈良市生まれで大阪市育ち。2004年、小学5年で奨励会に入会し、12年4月、18歳でプロ入りした。15、16年度と2年連続勝率1位に輝くなど、ホープの一人として期待を集めてきた。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文626文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集