ヤクルトの「終身名誉キャプテン」青木が輝き続けるわけ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新人の並木(手前)にアドバイスをする青木=沖縄県浦添市内で2021年2月24日午前11時42分、中村有花撮影
新人の並木(手前)にアドバイスをする青木=沖縄県浦添市内で2021年2月24日午前11時42分、中村有花撮影

 プロ野球・ヤクルトの青木宣親外野手(39)は18年目の今季、高津監督から「終身名誉キャプテン」を託された。そこには「何も変わることなくチームを引っ張ってくれる存在だと思っている。現役をやめるまでキャプテン」という指揮官の思いが込められている。米大リーグから日本球界に復帰して4年目。主将のバトンは山田に渡したが、主力として変わらず後輩たちに刺激を与え続けている。

 キャンプ終盤の2月24日。青木は打撃練習中、ドラフト5位新人の並木(独協大)にアドバイスを送っていた。外国人投手…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1312文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集