新型コロナ 死者数、減少ペース鈍く 2月73人 「高齢者感染防止を」 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 道内で27日、新たに43人の新型コロナウイルス感染が確認された。累計は1万9066人。死亡報告は6日ぶりになかったが、2月も既に73人が亡くなっており、感染者数と比べると減少ペースは鈍い。専門家は死者数が減るまでには「時差」があると指摘し、リスクの高い高齢者の集団感染防止を訴える。

 道内の感染者数は昨年11月の5733人をピークに、2月(27日まで)は3割以下の1621人にまで減った。一方、感染者の死亡は12月の259人がピーク。2月も11月と同水準と、感染者数と単純な比例関係…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

あわせて読みたい

注目の特集