特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

春に挑む・’21福大大濠

選手紹介/3 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
永井大斗左翼手 拡大
永井大斗左翼手

外野転向 新鮮な感覚 永井大斗左翼手=2年

 県予選の決勝で左翼・北嶋瑞己選手(1年)がけがをし、代わりに守ったのをきっかけに内野手から外野手へ。今冬は外野手の山下諒太選手(2年)に外野手の送球などの基本を学んだ。

 「打球処理の入り方から投げる距離も違い日々新鮮な感覚」と楽しさをにじませる。小学1年から野球に親しみ「日本一になりたい」と福大大濠に入学する。「センバツの目標はもちろん日本一」と語り、外野手でチームに貢献するつもりだ。

打撃の確実性あげる 松尾光気中堅手=2年

松尾光気中堅手 拡大
松尾光気中堅手

 小学1年から野球を始め「甲子園に出場したい」と福大大濠に入学。昨春まで捕手をしていたが、今はセンターを守る。

 県予選は13打点を挙げチームに貢献したが、九州地区大会は打撃に課題を残した。「打撃の確実性をあげ、レベルを上げなくてはならない」。打撃で踏み込む際、足が内に入り詰まるので、目印にボールを置き真っすぐ踏み出せるよう意識した。「チームに貢献し優勝をしたい」と夢の甲子園での活躍を誓う。

課題の打撃 重点練習 古川秀弥右翼手=2年

古川秀弥右翼手 拡大
古川秀弥右翼手

 外野を守り、投手も狙う。1年時は投手と三塁手を務めた。2年の夏に八木啓伸監督から「ライトをやってみないか」と言われ「チームのためになるなら」と変更。外野手の山下諒太選手に外野の「いろは」を一から学んだ。

 秋の大会は1割9分2厘と打撃に課題が残った。「球が捕らえられなかった」と反省し、冬は打撃を重点に練習した。「センバツで去年の秋より打率をあげ、投手としても立ちたい」と意気込む。

〔福岡都市圏版〕

あわせて読みたい

注目の特集