特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-羽生善治九段 第35局の5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

羽生、大きな3勝目

 [先]3二飛(図)の王手に[後]6一玉は[先]5二銀で頓死する。また4二に合駒するのは[先]5三銀打[後]6一玉[先]4二飛成と迫られたとき、先手玉を詰ますことができない。

 羽生は2分の考慮で[後]4一玉と引いた。[先]7二飛成なら[後]4七竜[先]同玉[後]3八角以下詰むが、譜の[先]4三銀不成にどうするか。こんどは上部が断然広い。

 だが、羽生は勝ちを確信しているようだった。小刻みに時間を使って読みを確認し、ちょこんと玉頭をたたく[後]4五歩がとどめになった。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文781文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集