連載

開かれた新聞委員会

新しい時代の新聞作りを目指して創設した「『開かれた新聞』委員会」は新聞界では初めて、報道への当事者からの苦情と対応に「第三者」の目を反映させる試みです。社外の識者にお集まりいただき、新聞に対する率直な見方、批判、期待を話していただきます。

連載一覧

開かれた新聞委員会

2021 座談会(その2止) 信頼つなぐメディア

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「開かれた新聞委員会」の西田亮介委員
「開かれた新聞委員会」の西田亮介委員

 

ファクトチェックの懸け橋

 司会 インフォデミック(誤情報の拡散)の話に移ります。統合デジタル取材センターがインフォデミックと戦いながらファクトチェックを続けています。

 西田委員 世界保健機関(WHO)がインフォデミックの問題に警鐘を鳴らしたのは20年2月だ。日本社会における情報をめぐる問題への対応は、新聞に限らず薄かったし、遅かったと言わざるをえない。この問題は新型インフルエンザの流行、まん延時の政府統括にも、リスクコミュニケーションの問題として指摘されていた。この間、SNSやインターネットが主流という情報環境の大きな変化があったのに、多くのマスメディアはそうした状況を念頭においてこなかった。情報量が多くなる一方で、対応が報道の分野でも十分されていない印象を受ける。WHOは、正しい情報は偽情報に比べて地味だと言っている。そこを強調し、さらに適切なインフルエンサーに対して直接コミュニケートすべきだと言っている。

 ワクチンの問題と関係するかもしれないが、日本では科学的リテラシー全体の脆弱(ぜいじゃく)さもある。それを補強する役割もメディアが担っていく必要がある。

この記事は有料記事です。

残り3897文字(全文4384文字)

あわせて読みたい

注目の特集