サッカー J1 鳥栖1-0湘南 鳥栖、VARに救われ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (第1節・27日)

 今季から再び導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定で得たPKで1点をもぎ取った鳥栖。経営悪化によりクラブの体制が一新されたシーズンを白星で滑り出した。

 湘南のカウンター攻撃に複数人で対応してボールを奪い、逆襲したのは後半29分ごろ。中央のMF樋口が右にはたき、攻め上がったDF飯野がペナルティーエリアに進入したところで湘南のMF高橋と交錯して倒れた。

 主審がVARの確認を告げ、PKと判定。約6分間の中断をものともせず、中央へ豪快に蹴り込んで均衡を破ったFW林は、「VARになってPKになることを意識していたので自信を持って蹴れた」と力を込めた。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文598文字)

あわせて読みたい

注目の特集