サッカー J1 清水3-1鹿島 新加入・権田、決定機防ぐ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【鹿島-清水】鹿島に逆転勝ちし、笑顔の清水のGK権田
【鹿島-清水】鹿島に逆転勝ちし、笑顔の清水のGK権田

 (第1節・27日)

 2季連続のJ1ワースト失点で昨季16位に終わった清水が、開幕戦を最少失点で守り抜いた。新たに加わった守備のスペシャリストたちが踏ん張り、加入直後に主将に就任したGK権田はスーパーセーブで決定機を防いだ。3季ぶりの国内復帰で「僕があまり働かないようにしたい」と口にしていた31歳の日本代表は、初戦で手にしたチームの勝利に加え、ある流れに一石を投じようとしている。

 昨季は34試合で48得点70失点と「打ち負けた」清水は、組織的な守備の構築に定評があるロティーナ監督をセ大阪から迎えた。権田に加え、先発したDF4人のうちバウドを除く鈴木義、片山、原が新顔と、大きく生まれ変わった。

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1206文字)

あわせて読みたい

注目の特集