熊本の“バイデン”が再選 山都町長の梅田穣氏、新人破る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
名札を持って笑顔を見せる熊本県山都町の梅田穣町長=同町役場で2020年11月9日午前11時39分、清水晃平撮影
名札を持って笑顔を見せる熊本県山都町の梅田穣町長=同町役場で2020年11月9日午前11時39分、清水晃平撮影

 任期満了に伴う熊本県山都町長選が28日投開票され、現職の梅田穣氏(73)が、元会社員で新人の有働秀一氏(64)を破り再選を果たした。梅田氏は2020年の米大統領選中、名前を音読みで欧米表記すると「じょう・ばいでん」と読めるとインターネット上で話題になっていた。

 得票数は梅田氏が6699票、有働氏が1…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文306文字)

あわせて読みたい

注目の特集