特集

森五輪組織委会長辞任

東京オリ・パラ組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視発言から辞任。五輪憲章にも背く発言に、国内外から批判が集まりました。

特集一覧

声をつないで

女性登用の数値目標なぜ必要? 森氏は否定、でも男性救う可能性

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
上智大の三浦まり教授=本人提供
上智大の三浦まり教授=本人提供

 森喜朗・前東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の女性蔑視発言は、その後の「謝罪」記者会見での対応の悪さも含め、国内外から強い批判を浴びた。記者は中でも、「(女性幹部登用を)あまり数字にこだわって無理な事はしない方がいいと言いたかった」という会見での発言に引っかかった。森氏が居直っているように見える一方で、この発言を完全に否定できる男性ばかりではないと思うからだ。女性登用について、政界や官庁、企業で数値目標の設定が進むが、数字を掲げる意味についてどこまで理解しているだろうか。ジェンダーを巡る社会課題に詳しい三浦まり上智大教授(政治学)に改めて聞いた。【岡大介/統合デジタル取材センター】

 改めて、森氏の発言を振り返りたい。森氏は2月3日、日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会でのあいさつの中で、政府が競技団体に対して女性理事40%以上を目標とするよう定めたことに対し、「文部科学省がうるさく言うんでね」と述べ、「女性がたくさん入ってる理事会は時間がかかる」「組織委の女性理事はわきまえておられる」と発言し、大きな問題となった。これに対し、翌4日の記者会見で発言自体は謝罪・撤回したが、「数字にこだわるのは良くない」という趣旨の主張は続けた。

「ループ」を断ち切る意味 

 これに対し、三浦教授が「数字」を掲げる意義を力説する。

 「何もしないと、既存の権力構造が維持されて次の意思決定者も同じような人が選ばれ続ける。そのループを断ち切るのに、数値目標を置くことは手段として優れています。目標達成のためには、身内の女性に候補がいなければ他の組織や分野からでも急いで連れてこないといけない。結果として男女というだけでなく、プロフィルも多様になります」

 なるほど。しかし、単に人事査定などを男女平等にするだけではだめなのだろうか? それなら、多くの男性は文句を言わないのではないか。どうして数字がないと、ループを断ち切れないのだろうか。

 これについて三浦教授は「そもそも現状で、男女の…

この記事は有料記事です。

残り2601文字(全文3448文字)

【森五輪組織委会長辞任】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集