特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ワクチン接種の計画練り直しも 供給不足で自治体に新たな課題

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン集団接種訓練を視察する大阪府の吉村洋文知事(左)=大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で2021年2月28日、加古信志撮影
新型コロナウイルスのワクチン集団接種訓練を視察する大阪府の吉村洋文知事(左)=大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で2021年2月28日、加古信志撮影

 新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、当初の供給量が限られることで自治体が接種計画の練り直しを迫られている。また、接種順序をどうするかなど新たな課題も浮上。各地で接種に向けた訓練が加速する中、担当者からは「見通しが立たない」と困惑の声が上がっている。

 「円滑で安全な集団接種を実現したい」。大阪府が大阪市内で28日に実施した集団接種訓練を視察した吉村洋文知事は述べた。府は3月中に市町村向けの集団接種マニュアルを策定する方針だ。

 自治体を不安にさせているのが、実施スケジュールのずれ込みだ。政府は当初、65歳以上の高齢者(約3600万人)への接種を始める時期を「4月1日以降」としていたが、2月24日になって4月12日開始と発表。しかも同日に接種が始まる高齢者は最大約5万人だけで、本格開始は4月下旬以降となる見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文773文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集