瀬古利彦氏、鈴木健吾を称賛「日本のマラソンの歴史を変えた」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2時間4分56秒の日本新記録でフィニッシュする鈴木健吾=大津市の皇子山陸上競技場で2021年2月28日、平川義之撮影
2時間4分56秒の日本新記録でフィニッシュする鈴木健吾=大津市の皇子山陸上競技場で2021年2月28日、平川義之撮影

 日本陸上競技連盟の強化責任者を務める瀬古利彦・日本陸上競技連盟マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、びわ湖毎日マラソンで日本選手初の2時間4分台の好タイムで優勝した鈴木健吾(富士通)について、「4分台は見事。素晴らしい。鈴木は日本のマラソンの歴史を変えてくれた。いや、もう、うれしい」とたたえた。

 今大会は東京オリンピック代表の3選手は出場していないが、瀬古氏は「オ…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集