日本新のゴーサインは「取り損ね」鈴木健吾、歴史塗り替える快走

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2時間4分56秒の日本新記録で優勝し、笑顔を見せる鈴木健吾=大津市の皇子山陸上競技場で2021年2月28日、久保玲撮影
2時間4分56秒の日本新記録で優勝し、笑顔を見せる鈴木健吾=大津市の皇子山陸上競技場で2021年2月28日、久保玲撮影

 第76回びわ湖毎日マラソン(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催、住友電工特別協賛)は28日、大津市の皇子山陸上競技場を発着点とするコースで行われ、鈴木健吾(25)=富士通=が2時間4分56秒の日本新記録で優勝した。

動揺しかねない場面で「行くしかない」

 思わぬアクシデントが、快記録へのゴーサインになった。

 36キロ過ぎの給水ポイント。サイモン・カリウキ(戸上電機製作所)、土方英和(Honda)と三つどもえの先頭集団を形成していた鈴木は「給水を取り損ねた」。動揺しかねない場面で、覚悟を決めた。「行くしかない。周りの選手の表情を見てもいけると思った」

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文811文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集