鈴木健吾、日本新への軌跡 きゃしゃな体形一変、験担ぎの食事は?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2時間4分56秒の日本新記録で優勝し、笑顔を見せる鈴木健吾=大津市の皇子山陸上競技場で2021年2月28日、久保玲撮影
2時間4分56秒の日本新記録で優勝し、笑顔を見せる鈴木健吾=大津市の皇子山陸上競技場で2021年2月28日、久保玲撮影

 28日に行われた第76回びわ湖毎日マラソンで、鈴木健吾(25)=富士通=が日本選手初の2時間4分台となる2時間4分56秒の日本新記録で優勝した。神奈川大時代から将来を嘱望されてきた25歳のランナーの強さの秘密とは。

 鈴木は愛媛県宇和島市出身。小学校時代はソフトボールに熱中し、6年時から全国高校駅伝に出場経験のある父和幸さんの勧めで陸上を始めた。中学時代は休日も自転車で伴走する父と自主練習に励み、徐々に力をつけていった。

転機は前回のびわ湖毎日マラソン

 地元の宇和島東高を経て、神奈川大では3年時に箱根駅伝のエース区間の2区で区間賞を獲得。4年時に初マラソンとなった東京マラソンで2時間10分21秒をマークした。距離が伸びるほど高い力を発揮するため、陸上関係者から「マラソンの適性が高い」と期待されてき…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文971文字)

あわせて読みたい

注目の特集