3位の細谷 自己記録を22分以上更新 びわ湖毎日マラソン

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
3位でフィニッシュする細谷恭平=皇子山陸上競技場で2021年2月28日、望月亮一撮影
3位でフィニッシュする細谷恭平=皇子山陸上競技場で2021年2月28日、望月亮一撮影

 第76回びわ湖毎日マラソンは28日、大津市の皇子山陸上競技場を発着点とするコースで行われ、一般参加の細谷恭平(25)=黒崎播磨=が日本歴代6位の2時間6分35秒で3位に入った。

 2度目のマラソン挑戦とは思えない大躍進だ。25歳の細谷が自己ベストを22分以上も更新し、日本歴代6位に食い込む2時間6分35秒をマーク。「コンディションは良かったが、何で走れたのか、自分でも動揺している感じ」と喜んだ。

 初マラソンだった前回のびわ湖は、冷たい雨にもたたられて2時間28分47秒で120位。「びわ湖でやり返す」と誓って臨んだ今大会は、持ち味の安定感を発揮した。1キロ当たり3分のラップを正確に刻み、第2集団で冷静に進めた。ペースメーカーが離れた30キロから一気にスパート。先行した選手たちを次々に追い抜いていった。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文585文字)

あわせて読みたい

注目の特集