4位の井上大仁、自己新でも喜べず 「また目の前で日本新記録」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
4位でフィニッシュする井上大仁=皇子山陸上競技場で2021年2月28日、望月亮一撮影
4位でフィニッシュする井上大仁=皇子山陸上競技場で2021年2月28日、望月亮一撮影

 第76回びわ湖毎日マラソンは28日、大津市の皇子山陸上競技場を発着点とするコースで行われ、井上大仁(ひろと)=三菱重工=は2時間6分47秒で4位だった。

 中盤で仕掛ける積極性を見せた。2時間6分54秒だった自己ベストを7秒上回った。それでも井上は「また目の前で日本記録を出された」と悔しがった。

 東京オリンピック代表の残り1枠を目指した2020年3月の東京マラソン以来、約1年ぶりの42・195キロだった。25キロ過ぎにペースメーカーの選手よりも前に出て、先頭集団から抜け出したが、「調子…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文613文字)

あわせて読みたい

注目の特集